« 北加伊道(ほっかいどう) | トップページ | 嗚呼、プレミアつき商品券…総務委員協議会開催 »

2015年1月28日 (水)

やる気のわく議員研修 片山元総務大臣が講演

今日は河北議員研修会がありました。講師は元鳥取県知事で元総務大臣の片山善博さん。ライフワークは地方自治だと述べ、これからの議会はどうあるべきか理想を語って下さいました。

耳の痛い話をするかもしれないがと、議会は決定機関であり議員にとって一番大切なのは質問じゃなく議案審議だと、審議に際し市民意見を聞くことが当たり前のアメリカ議会に対し当局の説明を鵜呑みにし市民意見を聞かない日本の議会の状況がいかにおかしいか。

例えば、アメリカのある街が財政難から図書館分館の廃止を打ち出したら、その議案に意見のある市民が議会の公聴会にやってくる。当然、そのためには議案を市民にも少なくとも一週間前には示し喧々諤々と議論していく。しかし、日本では突然に図書館への指定管理者制度導入が決められたりすると、図書館への指定管理者制度導入の問題点にもふれながら紹介して頂きました。

そして、市民意見を聞こうと思えば、意見を言ってもらえるよう土日に議会を開く必要があるし、議案審議をしっかりしようてすれば今のような年に4回の議会では出来ない。相撲でも年に6場所あると、なぜ議会改革をする必要があるのかをわかりやすく話して頂きました。

通年議会とする議会もあるが実態は今までと変わらないところもあると、ドキリとする指摘もありました。市民にも開かれた市民参加の議会という文言を議会基本条例の制定にあたり削り落とし、市民の声を充分に聞かなかったばっかりに混乱している美術館や図書館と生涯学習市民センターへの指定管理者制度導入、充分な時間がなく議案調査に追われる私たちの姿など枚方市や市議会が抱えている課題を頭に思い浮かべながら、まだまだと感じました。それでも少しずつ前進もしています。常設の議会改革特別委員会も設置されてきました。来期も議会改革を進めたいとやる気がわく講演でした。

講演のなかで紹介して頂いた本を借りて帰ろうと中央図書館に立寄りましたが中央には無く、かわりにぜんぜん違いますが、柳瀬たかしさんの詩集をお借りしました。アンパンマンを生み出した柳瀬さん、こんな経験をしてあの物語を作られたのかとしみじみ。





|

« 北加伊道(ほっかいどう) | トップページ | 嗚呼、プレミアつき商品券…総務委員協議会開催 »

市政・議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北加伊道(ほっかいどう) | トップページ | 嗚呼、プレミアつき商品券…総務委員協議会開催 »