« 生活発表会…大きくなったね | トップページ | 3月議会終了…子ども医療助成中学卒業まで実施へ »

2015年2月24日 (火)

子ども医療助成の充実を!

 枚方市は現在、国の交付金を活用し子ども医療助成の充実を検討している。少子化対策にも活用できる交付金とのことで、寝屋川市ではこれを活用し一気に高校卒業まで引き上げる方針を正式決定したそうだ。ところが、国は扶助費(子ども医療助成のための予算)には交付金は使えないとか言ってるらしく活用は協議中。しかし、もしダメでも実施する方針だと寝屋川の大田議員が教えてくれた。

 枚方市も同じ交付金の活用を検討しているわけで、人ごとではない。枚方市では直接に扶助費に使うのではなく、システム改修費にあてたいとの説明を聞いているが、これとて国との間ではまだ協議中らしい。そもそも、少子化対策を国が本気でやる気なら国の制度として確立をしてほしいわけですが、それもしないで、わずかばかりの交付金の使い道にとやかくいうのはどうでしょう。

 子育てしやすい社会をつくるために、国はもっともっと頑張ってほしい。もちろん、地方も。枚方の合計特殊出生率は大阪府下平均を下回る。出来うる限りの努力で支援をすすめてほしい。少なくとも中学校卒業まで実施するのが世の流れ。全国の自治体の半数が中学校卒業まですでに実施している。中核市というなら、せめて平均並みの行政水準を保ってほしい。

 子ども達のために、頑張れ枚方市!お父さん、お母さん達のために、頑張れ枚方市!

Map


 

 

|

« 生活発表会…大きくなったね | トップページ | 3月議会終了…子ども医療助成中学卒業まで実施へ »

子育て支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生活発表会…大きくなったね | トップページ | 3月議会終了…子ども医療助成中学卒業まで実施へ »