« やる気のわく議員研修 片山元総務大臣が講演 | トップページ | 生活発表会…大きくなったね »

2015年2月20日 (金)

嗚呼、プレミアつき商品券…総務委員協議会開催

 

またも値上げの国保料!

 
 3月議会に向けての重要案件の報告を受ける協議会が始まりました。案件資料を見て驚いたのは国保料の高さ。
被保険者の減少と医療費の伸びを6%以上も見込み大幅増額の提案です。年収200万円台(2人世帯)で1万円ほどの引上げ。最大で5万数千円の引上げ。これは厳しすぎます。介護保険料も引き上げ、物価上昇に賃金上昇が追いつかず、年金はマクロ経済スライドの発動とやらで抑えられ、どうやって暮らすのか。財布の口が堅くなるのは当然です。

 嗚呼、プレミアつき商品券

 一方、私が所属する総務委員協議会で報告されたの地域消費を喚起するためのプレミア付き商品券。国の経済対策のための交付金を活用して実施するもの。6000円分を5000円で購入できる商品券を24万冊発行する。プレミア分の2億4千万に事務経費を含め総額3億7500万。なんと3分の1が事務経費。
 消費税を無理矢理とりあげ、消費が落ち込んでいると、税金を使って商品券を発行する。なのに2年後には消費税をまだあげるアベノミクス。商品券に使う4億を国保に使えば、保険料の引上げをおさえられるのにとも思います。

 お商売をされている方や消費者には一時であっても、1000円でも助かるかもしれませんが、このまま増税路線を続けていたのでは希望は持てません。

 子ども医療助成は中学校卒業まで充実を

 交付金としてはもうひとつ、地方の仕事づくりや、少子化対策に活用できる交付金が約1億5千万。枚方市では、これを利用し子ども医療助成の充実を検討していると報告がありました。2015年度中に実施しなければならないということで実施次期をどうするのか、対象拡大を小学校卒業とするのか、中学校卒業とするのかを現在、検討中とのこと。

 12月議会には中学校卒業まで
早期に実施してほしいとの請願も提出されました。(議会は引上げをしたばかりだと否決しましたが…)2万筆を超える要望署名など切実な声は行政に響いてきたようです。大阪府下のなかでも合計特殊出生率が落ち込む枚方市。まわりの自治体はほとんどが中学校卒業まで実施していくなかで、小学校卒業までなんてありえない!出来るだけ早期に中学校卒業まで充実へ、ここは頑張りどころです。

 

|

« やる気のわく議員研修 片山元総務大臣が講演 | トップページ | 生活発表会…大きくなったね »

市政・議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やる気のわく議員研修 片山元総務大臣が講演 | トップページ | 生活発表会…大きくなったね »