« 6月定例月議会終了・・・いろいろありました | トップページ | 枚方市長選挙について…反維新の立場で頑張ります »

2015年7月 1日 (水)

生活保護の住宅扶助削減について

 5月末に、枚方市から「住宅扶助の見直しについて」との知らせが生活保護利用者に届けられ、どうしたらいいのかと不安の声が議員団にも寄せられました。

 

 生活保護では生活費や医療費などの他に住宅の家賃分を支援する住宅扶助があります。国はこの間、生活費部分の切り下げをおこなってきましたが、さらに家賃分の基準額も7月から引き下げるというのです。現在の家賃が新たな基準額を上回る場合、その差額分が負担となるため転居を余儀なくされます。

 

 今回の基準の引き下げにより、住宅扶助の上限額は、ひとり世帯の場合で42,000円が38,000円に、二人世帯なら55,000円が46,000円となります。厚生労働省が近隣の家賃相場を調べ設定した金額とのことですが、中核市となった枚方市の上限額は交野市よりも低く設定されており、条件にかなう家を住み慣れた地域で確保することは容易ではありません。

 

 枚方・交野生活と健康を守る会(以下、会)と連絡を取り合うと、会にも多くの相談が寄せられていました。「夜も眠れない」、「どうしたらいいのか」など、高齢者や精神疾患を抱える方の不安はとりわけ大きく、もう生きてはいれないと追い詰められ、体調を崩す方もおられました。

 

 国会でも、たつみコータロー参議院議員が本人の意思も確認せずに転居を迫ることのないようにと追求しました(5月14日)が、転居するより他ないような対応が全国各地で行われ、枚方でも同様の実態が会の相談活動のなかで浮かび上がりました。

 

 会は6月3日に、市の福祉事務所に対し、世帯の意思や生活実態を十分に確認し、厚生労働省が示した「経過措置」の適用について丁寧に説明することなどを求め申し入れしました。

 

 さらに、6月14日には緊急学習会を開催。7月から基準額が引き下げられるが、引続き旧基準(6月までの家賃)が適用される場合がある、まずは担当者に個別の事情を相談することで、「例外」にあたるかどうか検討されることを知らせていきました。会の事務局長さんは、大阪府に対しても運用の確認をしていただき、府も各自治体に対し例外の運用に対する通知を出すなど積極的活用に向けた動きがすすみました。

 私も一般質問のなかでこの問題を取り上げることとし、実態や通知内容の把握に努めてきました。会の取り組みもあって、一般質問に対する答弁でも、「生活保護受給者の自立助長の観点からも、居住の安定、住環境の変化に対する配慮が必要であると認識しています。」「経過措置につきましては、現在の家賃が改定前の住宅扶助の範囲内の世帯は、次回の契約更新時まで旧基準額を上限とする等、時限的な経過措置のほか、転居によって必要な通院・通所、あるいは通勤・通学に支障を来す場合、高齢者、身体障害者等であって日常生活において扶養義務者からの援助や地域の支援を受けて生活している方で、転居によって自立を阻害するおそれがある場合については、引き続き旧基準を適用できることが、国から示されているところです。生活保護受給者の自立助長の観点からも、生活状況などを十分お聞きした上で、経過措置の適用も含め、適切な制度運用に努めてまいります。」と答えていただきました。

 

 しかし、現場も大変です。丁寧な支援を行っていくには、それを保障する体制も必要です。質問でも「ケースワーカーの中で、最も多い方の担当ケース数と平均数をお示しください。」と聞きました。

 

「担当ケース数が最も多いのは高齢者世帯を担当するケースワーカーで、1188世帯を担当し、平均数は103世帯となっております。」とビックリする答えが返ってきました。80世帯が標準と言われるなか、最高188世帯。とんでもない状況です。とても丁寧に対応など出来ないのが職場の実態ではないのかと心配します。

 

 枚方市の場合、「住宅扶助の基準改定の影響を受ける世帯は2,600世帯で、生活保護を受給されている5,603世帯の内、約46%が影響を受けることとなります。」との説明もありました。通常ワークだけでもハードなのに、さらにこの対応を求められる職員も本当に大変で、適切に業務ができる体制確保を求めました。

 

 国は福祉事務所に家賃の値下げ交渉をするよう求めていますが、実際は生活保護利用者が自分で家主に家賃の値下げ交渉をするようにと言われています。国が大家に家賃の値下げを求めるのもどうかしていると思いますが、それを被保護者に迫るのもどうでしょうか。そうした交渉ができない人にとって、どれほどのプレッシャーか。

 

 生活困窮者をどんどんと追いつめるような生活保護制度であっては困ります。生活保護基準の切り下げは違憲だと訴訟も行われています。生活を守る声を広げていきたいです

 

|

« 6月定例月議会終了・・・いろいろありました | トップページ | 枚方市長選挙について…反維新の立場で頑張ります »

市政・議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月定例月議会終了・・・いろいろありました | トップページ | 枚方市長選挙について…反維新の立場で頑張ります »