« 子ども食堂 | トップページ | 従来サービス継続の保障なし!?…介護保険新総合事業案示される »

2016年5月18日 (水)

岡山で行われた議員研修会に参加しました

  5月16日、17日と岡山で行われた市町村議員研修会(自治体問題研究所主催)に議員団で参加しました。

   1日目は、「三位一体改革」後の10年を振り返り自治体財政の未来を展望すると題して京都府立大学公共政策学部の川瀬光義教授から記念講演がおこなわれました。「三位一体改革」は何のための改革だったのかを振り返り、自治体財政の今後について語られました。

   分権社会をめざす財政改革として「三位一体改革」がおこなわれ10年。財政面から地方の自立、分権を促すことが目的だったはずなのに、「自治体消滅」が焦点となり、「地方創生」を政権の看板とせざるを得ないほど地域経済の衰退に歯止めがかからない…。

  結局、自治体は財政は悪化し、これを打開するためにと徹底した行革が求められることに。自治体本来の役割まで切り捨てる行革は決して住民のためにはならないのに、「公務員バッシング」と相まって職員削減がすすめられ、市民の皆さんには情け容赦ない徴税強化と「受益者負担」が徹底して求められるように。

 地方分権が叫ばれ、自治体の役割はますます大きくなっているのに、それを支える財政の改革はまだまだ道半ばです。地方には様々な計画づくりが求められ、それなくしては財源を得ることができない。 市財政の工夫や努力も必要ですが、大きな流れ、仕組みにもしっかり目を向けて、地方自治の充実を求めていかなければならないと感じまた。

 これは2日目の研修。2コースからの選択で、私と堤議員は「三重短期大学生活学科の長友薫輝教授から「市町村から国保は消えない〜地域で医療保障をつくる視点〜」と題する講義をお聞きしました。9時半から15時半までの講義でしたが、参加者された皆さんの質疑も含め興味深く大変勉強になりました。こちらは直接、議会活動にいかしていきたいと思います。

 その後、せっかくなので岡山県立図書館を訪問させていただきました。10年連続で個人貸出と来館者数で日本一を誇る図書館。学校図書館も司書を配置されるなど力を入れておられるから皆さん本が好きなのか、タクシーの運転手さんに 聞いてみると「岡山は教育県ですから」との答えが返ってきた。サラリとそう答えられるのがなんともかっこいい。

図書館からは岡山城の姿も。積み重ねられてきた歴史を感じました。


児童図書は全点購入をされています。

大型活字本も充実。

起業や若者の就労、子育て支援などの情報提供も。
帰り着いた夜の枚方市駅。新たにオープンしたTーSITEに明かりが灯り、ライトアップされてるみたいで綺麗でした。

|

« 子ども食堂 | トップページ | 従来サービス継続の保障なし!?…介護保険新総合事業案示される »

健康・医療」カテゴリの記事

市政・議会」カテゴリの記事

社会保障」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子ども食堂 | トップページ | 従来サービス継続の保障なし!?…介護保険新総合事業案示される »