« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

国保から脱退後の受診で医療費の返還請求…なんとも理不尽な話

 様々な生活相談をお聞きしていますが、理不尽な話がありました。

国保加入者が就職などで健保に加入された場合、手元に協会けんぽ等の保険証が届いてから、国保に脱退の手続きを行います。

その間、手元にあるのは国保証。いつの時点で新たな保険に加入できたのか、被保険者にはわかりません。

Aさんは障害のあるお子さんのケアにかかりっきりの日々を過ごしていました。入退院を繰り返すなど医療機関への受診は必要不可欠。

手元にある国保証で受診したところ後日、B市の国保課から医療費の返還請求が届きました。

お金を準備し支払えば、協会けんぽに書類を添えて請求しお金は返ってくるのですが、その額は高額でとても簡単に払えません。

保険料は払っているのに、保険者間で何とかならないのか。保険者であるB市が協会けんぽに請求すればいい話じゃないのか。誰だってそう思います。

そんな矢先、平成26年12月に厚生労働省から保険者間での調整を促進する通知が出されたのです。実施は27年1月からですが、以前のものも同様に対応できるとあります。

救いの手です!これで高額の医療費をいったん立替え払いをし、請求するという手間が省けたのです。

しかし、救いの手はAさんに届きませんでした。B市は通知を受け、協会けんぽに問い合わせたものの、協会けんぽ側は、小児慢性特定疾患利用者は調整できないと断ったというのです。(現在は可能)

協会けんぽに問い合わせてみると、当初から公費助成を受けている方を対象外とする対応はしていない、気の毒に思うが2年の時効は時効だと言うではありませんか。

通知にも対象外とは書かれていないのに、B市はあっさりとできないと判断してしまったのです。 何とかできないかとAさんの立場に寄り添って考えていれば、厚労省に確認するくらいできたのに…。悔やまれてなりません。
こうして、日々の生活に追われるAさんの元には請求書が送られ、一括で支払えば延滞金を免除すると督促の連絡が入りました。加えて、けんぽへの請求時効は2年で先日、時効が過ぎたとの説明を聞かされたのです。

時効の説明も初めてで、どうしてきちんと教えてくれなかったのかと怒り心頭となるのも当然です。

しかも当初は一括で支払えば延滞金は免除すると説明しながら、支払う旨を報告した途端に、あれやこれやの書類を審査の上でなければ免除できるかどうかわからないと言い出す始末…。

今はB市を離れ、枚方に住むAさんが体調の思わしくない障害のある子どもさんを連れて役所に出向いたり、書類を整えることは大変な労力を要することです。
結局、Aさんは医療費の全額を自己負担したうえに延滞金まで支払う判断をすることに。

協会けんぽの説明違いやB市の判断ミスがなければ全額医療費を支払うこともなかったのにと、納得できない思いです。

今回の相談を通して、各市のHPにどのような案内がされているのか見てみました。

他市では立替え払いをして新たに加入された健康保険に請求するようにと丁寧に図解で記載されているところや、国保から脱退後の受診について、医療費の返納の必要性が生じると注意を促す記載をされているところもありました。

ですが、保険者間調整についての記載はなかなか見当たりません。B市の共産党の市議さんのご協力を得てやりとりをするなかで初めてこうした調整の仕組みと通知があったことを知った次第です。

担当者が調整の仕組みを積極的に活用しなければ、同じようにお困りの方を生み出すのではないかと危惧します。因みに枚方市のHPはわかりにくく、案内がどこにあるかさえもわかりません。改善をお願いしましたが、同じようなことがおきることのないように徹底していただきたいですね。




| | コメント (0)

2016年7月14日 (木)

どうなる介護保険総合事業…議員団で学習会を開きました。

  参議院選挙、残念ながら 大阪選挙区は、わたなべ結の議席を獲得できず悔しい限りです。全体では野党共闘が実り、32の1人区中11の選挙区で勝利し、共産党も比例代表で前回を超える601万票を得て、議席を3から6へと伸ばしていただきました。

 改憲勢力が3分の2を確保したことへの危機感が募ります。憲法守ろうの声を引き続き広げていきたいと思います。

  参議院選挙では、あまり争点にもなりませんでしたが介護保険制度の改悪が進められています。

  枚方では来年4月から要支援1、2のホームヘルパーやデイサービスの事業を地域支援事業として枚方市が事業内容を決めて実施していきます。従来のサービスに加えて、多様な担い手を参入させるということです。

 この間、市が検討してきた事業内容(案)についての説明会が開催されてきました。今夜は市民会館で実施されます。
  暮らしに関わる大問題ですが、制度の仕組みなど、なかなか難しい話です。そこで議員団では自分たちの論戦のためにも、市民の皆さんと一緒に学習し、ご意見もお聞きしたいと「公開学習会」を開催しました。
 昨夜、開いた学習会では、大阪社会保障推進協議会 介護保険対策委員長の日下部雅喜さんにお話しをお聞きしました。

Img_1143



1.介護保険改定 これからどうなる
2.総合事業とはどのようなものか
3.全国の実施状況と枚方市の案
4.これからの課題
* 従来のサービスにプラスして多様なサービスがあるのはいいが、従来のサービスを多様なサービスにおきかえるのはダメだ。

*無資格で安上がりのヘルパーを13時間の研修で要請するとしているが、13時間は短すぎる。(報酬は現在のヘルパーの6割程度を予定)厚労省はヘルパ−3級程度、50時間といっており、問題が生じた際の責任が問われる。

*枚方市は能力があるので(少し褒めていただきました)、要支援者の通院支援など介護保険ではできなかたことを実施するなど、その他のサービス案はよく考えられている。
*介護保険を利用しないよう無理矢理に自立を促進する自治体がある。枚方市もどちらかというとそちらのタイプに近いが、進行性の方への支援も考えているのでそこまで無茶なことはしないと思われる。ここが一番重要な点なので注意が必要。
などのご指摘をいただきました。

これからの改題として、これから進められようとしている介護改悪の内容が紹介されるたびに会場からは驚きの声があがっていました。

安心できる制度へ。ご一緒に頑張りたいと思います。
 

| | コメント (0)

2016年7月 9日 (土)

タダほど怖いものはない!?…大阪から憲法守る議席を、わたなべ結を押し上げてください!

 明日、7月10日は参議院選挙の投票日です。この国の、子どもたちの未来を左右する大事な選挙です。ぜひ考えて、考えて、考えて、1票を投じてください。

安倍首相は年頭の会見で参議院選挙で憲法改正を訴えていくのべ、自分の任期(2018年9月)に憲法改正を成し遂げたいとの意思を示してきました。

 衆議院はすでに憲法改正に必要な3分の2の議席を自民、公明、維新などの改憲派が多数を占めています。参議院でも3分の2を占めるかどうかが、この選挙の争点です。

マスコミもそう報道していますが、首相は憲法改正を争点とせず、遊説では野党共闘への批判とアベノミクス自慢に時間を費やしてきました。

 なぜ争点を隠したのでしょうか。なぜ国民的議論を深めることを避けたのでしょうか。

自民党の憲法改正草案を読みました。とんでもない中身だと思います。憲法3原則、国民主権、戦争の放棄、基本的人権の尊重、すべてを骨抜きにする内容です。

Cm2wmdtvmaaofib_3自民党の憲法改正草案を爆発的にひろめる有志連合が出版された「あたらしい憲法草案のはなし」という本を読みました。これは現憲法が公布された際に文部科学省が中学生向けに作成した「あたらしい憲法のはなし」にならってつくられたものです。

憲法改正の草案を考えた人々が、どれほど強い、熱い思いをもって、あたらしい憲法をつくろうとしているか、その思いが伝わります。
すでに、平和安全法という名の戦争法が制定され、自衛隊が自らの国が攻撃されてもいないのにアメリカの戦争に参加していく道が準備されました。

自衛隊は軍隊ではありません。戦争放棄をしても自衛権はある。だから、「先守防衛」なんだと、そのための組織だと習ってきました。

その自衛隊を国防軍、軍隊に変え、内閣総理大臣を総指揮官とするのです。

防衛省はすでに経済徴兵制の準備をすすめていると伝えられています。http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-02/2016070201_03_1.html

アベノミクスで貧困と格差を拡大し、アメリカのように貧しい若者が学費のために、生活のために軍隊に参加する仕組みづくりをすすめる。許せないと思います。

求められているのは、こんな奨学金ではありません。維新は「教育費タダ」を公約に掲げていますが、そのために憲法改正が必要だという考えです。

タダほど怖いものはないとよく聞きますが、教育費タダとセットでこんな憲法改正がついてくるのはどうでしょう。もちろん、教育費の無償化は大賛成ですが…。

ツイッター上でも話題になってますが、維新の比例候補は戦闘服姿で日本も核装備が必要だと述べたり、戦争に参加できるようにと訴えています。

大阪は維新の人気が高く、安倍官邸の要請を受け維新が二人目の候補を出すことが決まったと報道されています。大阪の議席を、自民、公明、維新、維新の改憲派で占めようというのです。

序盤の情勢報道では共産党のわたなべ結と自民から維新に鞍替えした女性候補が混戦ということでしたが、終盤では維新が一歩抜けたと報道されています。

わたなべ結さん、本当に素敵な候補です。最後のプロモーションVを是非、見てください。そして最後の最後で逆転できるようご支援お願いいたします。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »