« 日米地位協定の見直しを求める意見書 | トップページ | どうなる介護保険総合事業…議員団で学習会を開きました。 »

2016年7月 9日 (土)

タダほど怖いものはない!?…大阪から憲法守る議席を、わたなべ結を押し上げてください!

 明日、7月10日は参議院選挙の投票日です。この国の、子どもたちの未来を左右する大事な選挙です。ぜひ考えて、考えて、考えて、1票を投じてください。

安倍首相は年頭の会見で参議院選挙で憲法改正を訴えていくのべ、自分の任期(2018年9月)に憲法改正を成し遂げたいとの意思を示してきました。

 衆議院はすでに憲法改正に必要な3分の2の議席を自民、公明、維新などの改憲派が多数を占めています。参議院でも3分の2を占めるかどうかが、この選挙の争点です。

マスコミもそう報道していますが、首相は憲法改正を争点とせず、遊説では野党共闘への批判とアベノミクス自慢に時間を費やしてきました。

 なぜ争点を隠したのでしょうか。なぜ国民的議論を深めることを避けたのでしょうか。

自民党の憲法改正草案を読みました。とんでもない中身だと思います。憲法3原則、国民主権、戦争の放棄、基本的人権の尊重、すべてを骨抜きにする内容です。

Cm2wmdtvmaaofib_3自民党の憲法改正草案を爆発的にひろめる有志連合が出版された「あたらしい憲法草案のはなし」という本を読みました。これは現憲法が公布された際に文部科学省が中学生向けに作成した「あたらしい憲法のはなし」にならってつくられたものです。

憲法改正の草案を考えた人々が、どれほど強い、熱い思いをもって、あたらしい憲法をつくろうとしているか、その思いが伝わります。
すでに、平和安全法という名の戦争法が制定され、自衛隊が自らの国が攻撃されてもいないのにアメリカの戦争に参加していく道が準備されました。

自衛隊は軍隊ではありません。戦争放棄をしても自衛権はある。だから、「先守防衛」なんだと、そのための組織だと習ってきました。

その自衛隊を国防軍、軍隊に変え、内閣総理大臣を総指揮官とするのです。

防衛省はすでに経済徴兵制の準備をすすめていると伝えられています。http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-02/2016070201_03_1.html

アベノミクスで貧困と格差を拡大し、アメリカのように貧しい若者が学費のために、生活のために軍隊に参加する仕組みづくりをすすめる。許せないと思います。

求められているのは、こんな奨学金ではありません。維新は「教育費タダ」を公約に掲げていますが、そのために憲法改正が必要だという考えです。

タダほど怖いものはないとよく聞きますが、教育費タダとセットでこんな憲法改正がついてくるのはどうでしょう。もちろん、教育費の無償化は大賛成ですが…。

ツイッター上でも話題になってますが、維新の比例候補は戦闘服姿で日本も核装備が必要だと述べたり、戦争に参加できるようにと訴えています。

大阪は維新の人気が高く、安倍官邸の要請を受け維新が二人目の候補を出すことが決まったと報道されています。大阪の議席を、自民、公明、維新、維新の改憲派で占めようというのです。

序盤の情勢報道では共産党のわたなべ結と自民から維新に鞍替えした女性候補が混戦ということでしたが、終盤では維新が一歩抜けたと報道されています。

わたなべ結さん、本当に素敵な候補です。最後のプロモーションVを是非、見てください。そして最後の最後で逆転できるようご支援お願いいたします。

|

« 日米地位協定の見直しを求める意見書 | トップページ | どうなる介護保険総合事業…議員団で学習会を開きました。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日米地位協定の見直しを求める意見書 | トップページ | どうなる介護保険総合事業…議員団で学習会を開きました。 »