« おかしな図書館 | トップページ | 10日から総選挙が始まります »

2017年7月 4日 (火)

おかしな図書館2

 3日付ブログ「おかしな図書館」の続きです。枚方市の図書館が収集方針を変更したことになどにより、どんな本を枚方の図書館では借りられないのかリストを見せてもらいました。例えばこんな本です。

「ずさんな家計を整えました ずぼらさんの安心家計塾」   この本は、「キッパリ」を書かれ

51njarf1uvl_sx353_bo1204203200__3

た上大岡トメさんの本ですね。 お金の管理をわかりやすく伝えてくれる。確かにコマ割りはあるし漫画と言えば漫画ですがこういった本を図書館におくことは本当にダメなのか。

「まんが政治VS政治まんが」
ブックデータベースによれば
権力者に向けて発せられ、弱きを助け、強きを挫く風刺。笑いの向こう側に浮かびあがる、時代の真実。中日新聞・東京新聞・西日本新聞に連載され好評を博している政治風刺まんが、一〇年間(約二〇〇〇点)の作品から、約一七〇点を選び、解説付きで収録。この一〇年、政治の世界で何が起きてきたのか。笑いながら思い出し、笑いながら考える。これからどうなるのか、どうするのか―」こういう本です。

51lk8aevv3l_sx343_bo1204203200_

置いたらあかんのかな〜。

それからこんな本も

「マンガでわかる仏像」

ちょっと難しく感じていた仏像の知識が、マンガで楽しみながら理解できるそうです。

面白そうですね。どれも読んでみたい。

他にも

「イライラの片付け方」や「子育てバッチコイ!」、「思ってたウツとちがう!「新型ウツ」」などなど

学習参考書では
・ビギナーのための会計学

・ITサービスマネージャー

・ナンバーワン社労士はじめの一歩

・家庭料理技能検定に合格できちゃうクッキング本

・みんなが欲しかった!宅建士の教科書

・リスクマネジメント基礎講座 

などなど

仕事に役立ちそうな本がいっぱいですね。これ、ダメですか?

他市の図書館では置いてる本も、市の基準一つで置けなくなる。置けないということは買わないということ、貸さないということ。お金も仕事も減らせるということです。だけど、それで本来の役割が果たせているのか。疑問です。

中央図書館ができて5年後から、予算を削り出した枚方市。単に分館の図書費を削ったと思っていましたが、こうした手法も合わせて予算を削っていったのでしょうね。そして貸出冊数ががくんと減り、借りたい本が借りられないという声が聞こえてくるようになりました。

これでいいのか。良くないと思います。



|

« おかしな図書館 | トップページ | 10日から総選挙が始まります »

図書館・公民館(生涯学習市民センター)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おかしな図書館 | トップページ | 10日から総選挙が始まります »