« 枚方市が万博推進署名をコミュニティー協議会に依頼 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2018年11月 5日 (月)

保育所待機は依然深刻…質量ともの確保を早急に 

  引き続き、2018年10月25日の決算特別委員会の質疑です。

  以下は、枚方民報に掲載記事からの抜粋で「保育所待機児問題」についての質疑です。

 いわゆる潜在的な待機児童を含めた平成29年度4月の待機児童数は299人となっています。29年度に「通年のゼロ」(年度途中も含めた待機児解消)を目標に掲げたが、いつ達成する目標なのかと、待機の状況と解消の見通しを問いました。

 担当課長は「通年の待機児童解消に向け、平成31年度当初までに500人の入所枠拡大を図ろうと、取り組んでいる。平成31年度中に策定を予定している『子ども・子育て支援事業計画』の第2期計画で、保育料無償化による需要増の影響を踏まえた教育・保育の量の見込みや必要な確保方策を明らかにし、引き続き待機児童解消に取り組む。待機児童の状況は、平成29年度3月の待機児童数は448人。直近のブロック別の待機児童数は、平成30年9月で、北部108人、中部80人、南部163人、東部73人で合計424人」と答えました。

 広瀬議員は「31年度当初までに500人の拡大を行っても、通年どころか年度当初も厳しい状況だ。31年度中に事業計画を見直すとのことだが、その間、足踏み状態にならないよう31年度中の定員増もさらに努力し、質量ともの確保に向け計画の見直しを」と求めました。
 また、農業従事者の入所基準点数が内職と同様の取扱いとなっており、これは就労の実態を踏まえていないと改善を求めました。

|

« 枚方市が万博推進署名をコミュニティー協議会に依頼 | トップページ | あけましておめでとうございます »

子育て支援」カテゴリの記事

市政・議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 枚方市が万博推進署名をコミュニティー協議会に依頼 | トップページ | あけましておめでとうございます »