« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月 8日 (火)

国民健康保険の子ども減免

昨日の生活相談は国民健康保険料の滞納について。現年度分の保険料は遅滞なく支払っているものの過去分の分納履行がされていないと、少額の滞納にもかかわらず債権回収課にまわり生命保険が差押えられていた。

申し訳なかったのは、国保の窓口で分納相談された際に児童扶養減免が紹介されていなかったこと。

児童扶養減免は枚方市単独の減免制度のため、広域化により廃止が予定されているが、今はまだ継続されている。

窓口で直接に市民の声を聞く職員の皆さんが作りあげてくれた制度だ。

だからこそ負担能力を超える高額の保険料となる国保だからこそ、払えないと相談に来た方に制度をしっかりと紹介して欲しい。

そして児童扶養減免を廃止ではなく拡充し大阪全体に広げていけるように頑張ってほしい。

私ももっと気を配れていればと反省。相談にかかわるたびに国民健康保険料の高さを実感する。

全国の都道府県のなかでも6年後に保険料統一と方針を決めているのは大阪だけ。この方針では枚方の保険料は下げられない。

高すぎる保険料引き下げへ、頑張りたい。

そして、18才以下の被保険者がいる国保加入者の方は、児童扶養減免の活用が出来ないか是非チェックしてみてください。











| | コメント (0)

2019年1月 2日 (水)

子ども医療費の多子軽減

年末の大掃除で、写真のリーフを見つけました。




昨年7月から枚方市の子ども医療費助成で多子軽減が始まりました。

これは子育て中のお母さんが市長に寄せた提言を実現させたものです。

枚方市の子ども医療費助成には窓口負担があります。

月の医療費負担は2500円が上限で、これを越えれば返還されますが、子どもそれぞれに上限負担がかかります。これを軽減してほしいとの要望です。

確かに、子どもが1人でも2人でも3人でも、負担が変わらなければ安心です。

市長の公約は子ども医療助成は18才まで、保育料は第2子以降の無料化でした。

しかし、財源確保を理由に先送り。実施の展望もない。そんななか、寄せられた提言を見てハッとしました。

出来る事から少しでも拡充させていこう。多子軽減なら財源がないとは言えない。そう考えて、決算特別委員会で市長に寄せられた提言の実現を迫りました。

これで、子どもの人数にかかわらず負担は月2500円におさまります。

保育料の第3子完全無料化も同様です。上の子の年齢にかかわらず減免してほしいとの声が寄せられていました。

それぞれ実現することが出来ました。しかし、日本の子育てはまだ負担が大きいですね。

これからもみなさの声を大切に頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »