« 子ども医療費の多子軽減 | トップページ

2019年1月 8日 (火)

国民健康保険の子ども減免

昨日の生活相談は国民健康保険料の滞納について。現年度分の保険料は遅滞なく支払っているものの過去分の分納履行がされていないと、少額の滞納にもかかわらず債権回収課にまわり生命保険が差押えられていた。

申し訳なかったのは、国保の窓口で分納相談された際に児童扶養減免が紹介されていなかったこと。

児童扶養減免は枚方市単独の減免制度のため、広域化により廃止が予定されているが、今はまだ継続されている。

窓口で直接に市民の声を聞く職員の皆さんが作りあげてくれた制度だ。

だからこそ負担能力を超える高額の保険料となる国保だからこそ、払えないと相談に来た方に制度をしっかりと紹介して欲しい。

そして児童扶養減免を廃止ではなく拡充し大阪全体に広げていけるように頑張ってほしい。

私ももっと気を配れていればと反省。相談にかかわるたびに国民健康保険料の高さを実感する。

全国の都道府県のなかでも6年後に保険料統一と方針を決めているのは大阪だけ。この方針では枚方の保険料は下げられない。

高すぎる保険料引き下げへ、頑張りたい。

そして、18才以下の被保険者がいる国保加入者の方は、児童扶養減免の活用が出来ないか是非チェックしてみてください。











|

« 子ども医療費の多子軽減 | トップページ

子育て支援」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子ども医療費の多子軽減 | トップページ