« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年11月

2019年11月25日 (月)

水道・下水道の基本料金減免の廃止しないで!

昨日、建設・環境委員協議会が開催され、水道料金の見直しの素案について説明が行われました。協議会、12月議会での意見を踏まえて2月に案をまとめ、3月に条例改正し、来年10月からの見直しを予定しています。

見直しの内容は、これまで基本料金に含まれていた基本水量8㎥を廃止し、使用水量による料金とする。口径別の料金制度を導入し、小口径では8㎥以下の利用者の料金が今までと変わらないように基本料金を引き下げる。ただし、9㎥からは1円引き上げる。40mm以上の大口径では口径別に基本料金を設定し、使用水量により高くなる料金の上げ幅を緩和するなど。

大口径の利用者のほぼ7割が40mmの口径ですが、説明資料では15%もの引き上げとなっており、消費税増税、その対策も終了した直後の10月にこうした引き上げを行っていいのか心配です。 

この見直しと合わせて枚方市の福祉減免について廃止も含めた見直しを検討するとのことでした。オイルショックの時に導入した制度で近隣自治体もやってないし、もう役割は終わったとの説明でした。

これはもう大問題です。それでなくても生活が厳しいとの声がたくさん寄せられているのに、廃止なんてとんでもありません。

私が初めて議員になった直後に枚方市はこのままでは財政再建団体になると財政再建緊急対応策をまとめ、行政改革を推進してきました。様々な福祉施策が切り捨てられてきましたが、そのなかにあって、むしろ対象者を拡大し充実してきたのがこの制度です。

かつては「福祉の枚方」と呼ばれ、他市にない制度を誇りとしてきました。その魂が、誇りが、組織から抜き取られていくような気がします。

当局の説明は「廃止も含めた見直し」です。その意味を問うと、意見を聞いて検討するとのことでした。だったら、ぜひ制度を残して欲しいと求めました。

これは福祉制度であるため、この制度をどうするのかという問題は厚生委員協議会のテーマです。厚生委員協議会は28日(木)の開催です。

 

 

続きを読む "水道・下水道の基本料金減免の廃止しないで!"

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »