経済・政治・国際

2016年7月 9日 (土)

タダほど怖いものはない!?…大阪から憲法守る議席を、わたなべ結を押し上げてください!

 明日、7月10日は参議院選挙の投票日です。この国の、子どもたちの未来を左右する大事な選挙です。ぜひ考えて、考えて、考えて、1票を投じてください。

安倍首相は年頭の会見で参議院選挙で憲法改正を訴えていくのべ、自分の任期(2018年9月)に憲法改正を成し遂げたいとの意思を示してきました。

 衆議院はすでに憲法改正に必要な3分の2の議席を自民、公明、維新などの改憲派が多数を占めています。参議院でも3分の2を占めるかどうかが、この選挙の争点です。

マスコミもそう報道していますが、首相は憲法改正を争点とせず、遊説では野党共闘への批判とアベノミクス自慢に時間を費やしてきました。

 なぜ争点を隠したのでしょうか。なぜ国民的議論を深めることを避けたのでしょうか。

自民党の憲法改正草案を読みました。とんでもない中身だと思います。憲法3原則、国民主権、戦争の放棄、基本的人権の尊重、すべてを骨抜きにする内容です。

Cm2wmdtvmaaofib_3自民党の憲法改正草案を爆発的にひろめる有志連合が出版された「あたらしい憲法草案のはなし」という本を読みました。これは現憲法が公布された際に文部科学省が中学生向けに作成した「あたらしい憲法のはなし」にならってつくられたものです。

憲法改正の草案を考えた人々が、どれほど強い、熱い思いをもって、あたらしい憲法をつくろうとしているか、その思いが伝わります。
すでに、平和安全法という名の戦争法が制定され、自衛隊が自らの国が攻撃されてもいないのにアメリカの戦争に参加していく道が準備されました。

自衛隊は軍隊ではありません。戦争放棄をしても自衛権はある。だから、「先守防衛」なんだと、そのための組織だと習ってきました。

その自衛隊を国防軍、軍隊に変え、内閣総理大臣を総指揮官とするのです。

防衛省はすでに経済徴兵制の準備をすすめていると伝えられています。http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-02/2016070201_03_1.html

アベノミクスで貧困と格差を拡大し、アメリカのように貧しい若者が学費のために、生活のために軍隊に参加する仕組みづくりをすすめる。許せないと思います。

求められているのは、こんな奨学金ではありません。維新は「教育費タダ」を公約に掲げていますが、そのために憲法改正が必要だという考えです。

タダほど怖いものはないとよく聞きますが、教育費タダとセットでこんな憲法改正がついてくるのはどうでしょう。もちろん、教育費の無償化は大賛成ですが…。

ツイッター上でも話題になってますが、維新の比例候補は戦闘服姿で日本も核装備が必要だと述べたり、戦争に参加できるようにと訴えています。

大阪は維新の人気が高く、安倍官邸の要請を受け維新が二人目の候補を出すことが決まったと報道されています。大阪の議席を、自民、公明、維新、維新の改憲派で占めようというのです。

序盤の情勢報道では共産党のわたなべ結と自民から維新に鞍替えした女性候補が混戦ということでしたが、終盤では維新が一歩抜けたと報道されています。

わたなべ結さん、本当に素敵な候補です。最後のプロモーションVを是非、見てください。そして最後の最後で逆転できるようご支援お願いいたします。

| | コメント (0)

2011年8月 6日 (土)

原発ゼロの会

今日は、市民100条委員会の報告学習会があり、竹内市政が談合事件にどう対応してきたのか報告しました。

時系列でふりかえってみると、本当にひどい市政だとあらためて感じます。

清潔な市政を実現するためにも、みわ智之さんに頑張っていただきたいと思います。

報告会終了後、青年達が立ち上げた「原発ゼロの会」が、被災地支援のチャリティーバザーに取り組んでいたのでのぞいてみました。

8月6日と言う事もあり、鶴を折ったり、原爆パネルを展示しながら、暑いなかで頑張ってました。

みわ智之さんも、お手伝いされてたので写真をパチリ。


1312657768435.jpg

Img_0215_a_2


| | コメント (0)

2009年8月17日 (月)

民主党の子ども手当…負担増世帯が12%超えなの?

8月15日付けのしんぶん「赤旗」に「民主党の子ども手当」に関する記事が載っていました。

月2万6000円の手当は魅力的。だけど、庶民増税で財源を確保するのは問題ですね。

民主党の説明では4%しか影響を与えないと言うことでしたが、実はその4倍の影響があると「赤旗」は書いてます。

そもそも、「生計費非課税」という税金の集め方の基本の考えが、控除をなくすことで変わってしまうようにも思いますが、この点はどうなんでしょう?

もともと「課税最低限の引き下げ」は民主党の持論です。

人的控除が「生計費非課税」の原則からみて現状どうなっているのか?もっと、わかりやすく議論してほしいな~。

  **** 

                                   ****

民主党…「ぶれてる」、それとも「ぶれてない」?

「核持ち込み」問題では、容認発言から一転、長崎で9日に「法制化を検討」と述べたかと思えば、その後にまた「法制化がなじむのか」って言ってみたり、

農業問題ではFTAで「締結」から「交渉をすすめる」に文言を修正したものの→「4年以内に締結をめざす」と中身は変わっていないらしい。

「ぶれてる」ようですが、「核持ち込み容認」も、「FTA締結」も一貫した(ぶれない)主張なんでしょうね。ほんとは…。

「時給1000円」問題では、テレビ討論で、当面「800円」と言われたらしいですね。前に見た討論番組では中小企業への支援を充実し「1000円に」と確かに発言されてました。これはやっぱり「ぶれてる」のか…sad

 今朝は、ボルトの100m世界新記録に拍手喝采!!スカッとしました。

 明日からいよいよ衆議院選挙。スカッとしたわかりやすい政治にしたいですねhappy01

  ***

                                   ***

 《以下は、赤旗記事です》

民主党が「子ども手当」(中学卒業まで1人当たり月2万6000円)を創設する財源として配偶者控除などの廃止を盛り込んだことに批判の声が上がるなか、同党は負担増になる世帯が「4%未満」だとの説明を繰り返しています。しかしこの数字は、あまりに少なすぎる計算です。

 同党が廃止するというのは、所得税の配偶者控除と一般扶養控除(0~15歳および23~69歳が対象)です。同党はホームページで「(手取りが減るのは)65歳未満の現役世代の専業主婦の、お子さんのいないご家庭です。全体で言うと世帯のうちの4%未満」と説明しています。

 全世帯4956万(2005年国勢調査)のうち198万世帯ほどになる計算ですが、同党は「4%未満」の根拠を明示していません。

 負担増になるケースが同党の説明通りだとしても世帯数はもっと膨らみます。それに加え、「共働き世帯に影響はない」との同党の説明は誤りです。共働き世帯でも、23~69歳の扶養親族がいれば一般扶養控除の廃止で増税となります。専業主婦の世帯で子どもが大学生の場合も、配偶者控除の廃止だけがかぶさり負担増です。

 国税庁の統計データなどで推計すると、少なく見積もっても600万世帯、全世帯の12%以上が負担増になります。

 軍事費のムダと大企業・大資産家への過大な減税という二つの聖域にメスを入れられない民主党の弱点が、子育て支援の財源を庶民増税に求める政策となって表れています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年8月11日 (火)

吉井英勝さんが枚方に…比例定数の削減は消費税増税への道?

昨日は、枚方市駅前で吉井英勝前衆議院議員や山下京子さんが街頭演説。

私が初めての国政選挙で投票した人が吉井さんでした。

このとき、参議院の補欠選挙(定数1)でみごと当選!!

お話がわかりやすく、声も素敵(もちろんご本人も素敵ですが…)で、憧れの政治家です。

 ****

                                ***

駅頭で、吉井さんは、

共産党の国会での議席は、中選挙区なら40議席から50議席あってもおかしくないと、話されてました。

小選挙区制が導入されたとき、共産党は国会に議席を持てなくなるのではないかしらと大いに心配したものです。

民主党はマニフェストで、無駄遣いを削ると、「比例定数80議席の削減」を訴えています。

比例で当選をした国会議員は「税金の無駄遣い」議員なんでしょうか?

共産党は自らの無駄を削るというなら「政党助成金」を廃止せよと言ってます。

年間約320億円は、国会議員446人分にもなるのだそうですから、こっちの方が費用削減効果が高いですよね。(国会議員一人当たりの経費7172万円)

   ****

                                ****

  

毎日新聞の北九州版で記者さんが以下のような記事を書かれています。

「私も民主党のマニフェストを読んで、世間ではあまり話題になっていないものの、これは絶対に看過できないと思った点がある。それは「ムダづかいをなくす」として「衆院選の比例代表定数を80削減する」と打ち出していることだ。

 94年に導入された小選挙区比例代表並立制では、定数は小選挙区300、比例代表200だった。それが99年、比例だけ20減らされた。もし、民主党の考え通りに比例を更に80減らしたら、比例は当初の半分になる。

 その場合、07年参院選の各党の得票率をあてはめると、自民党と民主党が67・6%の得票で議席の95・3%を占め、公明党や共産党、社民党などは32・4%の得票があるにもかかわらず、わずか4・7%の議席に押し込められる、との試算がある。少数の民意を切り捨てるような仕組みは、鳩山由紀夫・民主党代表の目指す「友愛社会」の理念と矛盾しないのか?

 欧州政治に詳しい児玉昌己・久留米大教授はブログで「民主主義の先進国である欧州各国の選挙制度の本流は、比例制度である」「小選挙区制度は欧州政治からみれば非常識であり、悪であるという認識がない」「比例定数という民主主義の宝石をどぶに捨て、国会から少数意見を消滅させるつもりかね」と、民主党の姿勢を厳しく批判している。我が意を得たりの感を強くした。」

なるほどです。

  ****

                          *****

 

こうなったときに心配なのは、消費税の問題です。

自公はもちろん、民主党も年金財源に消費税の増税が必要と考えているからです。

税率アップの際には、総選挙の争点として国民の判断を仰ぐと鳩山代表を述べておられますが、

政権をとったら、定数削減法案を提案するとも民主党幹部が発言されています。

消費税増税の審判を仰ぐ前に、比例定数削減を実施すれば、消費税増税はやめてほしいという声が(憲法改正もですが)国会に反映されなくなってしまうのではないでしょうか。

自民党が一番やりたい消費税増税や憲法改正が民主党政権のもとで実施されていくのでは?と心配です。

表向きは2大政党でも、肝心な部分で大連立なんて最悪!!

そんなことにならないように、日本共産党の議席もしっかり国会に確保させていただいて、自民党政治に代わる新しい政治が国民にしっかり目を向けた政治になるようにしなければ…。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年1月 5日 (月)

ガザの戦闘で90人の子どもが死亡…即時停戦を!

 今朝の朝日新聞にイスラエル軍の砲撃で死亡した子どもたちを前に嘆き悲しむパレスチナ人の父親の写真が掲載されています。

 お父さんの前には小さな子どもの体が横たわっています。小さなかわいい足が痛々しさを伝え、胸がつぶれるような思いのする写真です

すでに死者は520人以上に、少なくとも90人の子ども達の命が奪われています。

イスラエルはテロと戦っているんだと言いますが、どんな理由であっても、許されません。

 日本でも、派遣切りなどにより戦闘と同じように命の危機にさらされ、誰がいつ同じ状況に陥ってもおかしくない状況がうまれています。

 昨日は、派遣村で過ごした皆さんが、国会要請を行ったそうです。「これからの舞台は国会」です。

 定額給付金をめぐる議論も行われますが、各自治体では支給に向けた準備を同時にはじめていかなければ間に合いません。

 12月議会に定額給付金の見直しを求める意見書を提出しましたが、残念ながら枚方市議会では採択されませんでした。

 事務負担は重く、経済効果の期待できない給付金よりも、必要な手立てをうってほしいですね。

 写真は、お正月に撮ったものです。父と祖母。祖母は96歳。とても元気で、折り紙で手芸をしています。

 

Img_

| | コメント (0) | トラックバック (0)